田無スキンクリニック

お電話でのお問い合わせ
042-468-1666

田無スキンクリニック

かゆい・かさかさ

Medical

アトピー性皮膚炎MEDICAL

アトピー性皮膚炎は繰り返す慢性の湿疹と皮膚の乾燥が特徴的な皮膚疾患で、遺伝的な要因(アトピー素因といいます)と、環境因子(ダニやハウスダスト、ストレスなど)とが複雑に絡み合って発症すると考えられています。

乳幼児期にアトピー性皮膚炎を罹患していると気管支喘息やアレルギー性鼻炎も併発する可能性が高い(アレルギーマーチ)ことはよく知られていますが、近年では荒れた皮膚を介して食物アレルギーを誘発する可能性が考えられるようになっており、早期に適切な治療を開始することが重要です。

また、衛生環境の改善とともに有病率の上昇が知られており、近年では大人になってから発症されたり、幼少期には軽い症状だったものが大人になってから急激に悪化することも決してまれではありません。
アトピーの方は生活環境のちょっとした変化や日常のストレスなどをきっかけにして急激に皮疹が悪化することがあり、日常から適切なケアをすることが重要です。

アトピーを悪化させている原因がないか調べるため、血液検査やパッチテストを必要に応じて行います。
治療はステロイドの塗り薬を中心に保湿などのスキンケアをまめに行いますが、残念ながら難治の方もいらっしゃいます。そのような方には免疫抑制剤の飲み薬(ネオーラル)を使用することがあり、定期的な血液検査が必要になりますが、当院で対応可能な治療法です。

その他の湿疹(皮脂欠乏性湿疹、脂漏性湿疹、接触皮膚炎、貨幣状湿疹、うっ滞性皮膚炎他)MEDICAL

乾燥が原因となる皮脂欠乏性湿疹や、肌に合わないものが触れるために生じる接触皮膚炎、顔や頭などの脂の腺が発達した場所にできやすい湿疹である脂漏性湿疹などが代表的です。治療はやはりステロイドの外用が中心にはなりますが、保湿剤での予防・保護も重要です。

また、接触皮膚炎に対してはパッチテストでの原因検索が、脂漏性湿疹では抗真菌薬(カビを抑える塗り薬)での再発予防を積極的に行います。

魚鱗癬MEDICAL

生後数か月頃よりすねのあたりにかさかさした乾燥した皮疹が出現し、10歳頃までは徐々に進行しますが、多くは青年期以降軽快します。皮膚の一番表面にある角質層を作る際に重要なフィラグリンというタンパク質の異常が原因の一つにあり、皮膚バリアー機能が正常に発達しない(角層形成不全・保湿機能低下)ため、一部にアトピー性皮膚炎を合併することがあります。症状の比較的軽い尋常性魚鱗癬は常染色体優性遺伝(変異のある遺伝子を1つでも持っていると症状が出ます)するので、しばしば家族内で発生します。乾燥の強くなる冬季に悪化しやすく、ビタミインD3軟膏、ビタミンA軟膏、尿素軟膏、サリチル酸ワセリン、保湿剤等を使用します。

蕁麻疹(急性・慢性蕁麻疹、食物アレルギー)MEDICAL

蕁麻疹もまた多くの人が罹患しうる疾患ですが、かゆみを伴う赤く盛り上がった“みみず腫れ”のような発疹が数分~数時間の周期で出来ては消えてを繰り返します。時として呼吸苦など重篤な症状にもつながることがあり注意が必要です。

食物アレルギーや飲み薬のアレルギーで発症する場合はとくに重篤になることがあり注意が必要ですので、疑われる場合には積極的に採血等で原因を検索します。しかし、これといって原因がはっきりしないことがままあります。

実は原因が明らかになるのは1~2割程度といわれており、それ以外の場合は症状に即した治療を行います。蕁麻疹は皮膚の深い部分で炎症が起こっているため外用薬は無効で、抗ヒスタミン薬の内服を中心に行っていきます。
1か月以上とくに誘因なく蕁麻疹が続く場合を慢性蕁麻疹といい、膠原病などの基礎疾患がないか採血が必要となることがあります。

水虫MEDICAL

足の指や足のうらが赤くかゆい、水疱ができる、皮がむけるといった症状のほか、かかとの乾燥が強くがさがさがひどいような場合、爪の変形や濁りも水虫の可能性があります。
診断には皮膚の一部を顕微鏡で検査して水虫の菌を見つけてから治療を開始します。

爪水虫の場合は塗り薬だけでなく、飲み薬を使用することもあります。なお、市販薬を含め水虫の薬を使ってしまうと検査ができませんので、水虫の可能性をお考えでしたら2週間以上は薬を中止したうえで受診してください。

カンジダ症(カンジダ性指趾間びらん症、カンジダ性間擦疹など)MEDICAL

カンジダは酵母様真菌で、Candida albicansをはじめ80種以上の菌種が知られており、健常人の皮膚や咽頭・口腔・陰部などに少数存在する常在菌です。ステロイドや抗生剤の投与中、糖尿病、悪性腫瘍その他免疫抑制状態で発症しやすいですが、健常人であっても蒸れた・湿った状態が局所で続いていると発症することがあります。

代表的なものとして中指と薬指の間に好発するカンジダ性指趾間びらん症があります。水仕事をする主婦や飲食業関係者に多く、指と指の間で、指の付け根付近に赤み・痒みを生じて周囲の皮膚は白くふやけて浸軟します。カンジダ性間擦疹は腋窩・乳房下・陰股部・肛囲などに、紅斑、びらん、膿疱、浸軟を生じるものです。乳児のおむつかぶれ様の皮疹として生じることもあります。いずれの疾患でも、直接鏡検(顕微鏡検査)で菌体を確認したうえで、抗真菌薬の外用で治療を行います。

手湿疹(主婦手湿疹、異汗性湿疹、掌蹠膿疱症)MEDICAL

手の湿疹で代表的なのは水仕事の多い女性の方に多い主婦手湿疹ですが、それ以外にも異汗性湿疹という小さな水疱がぶつぶつとできるタイプの湿疹や、よくみると小さな膿疱がある場合は掌蹠膿疱症といった疾患も疑われます。それぞれ原因や治療は多岐に渡りますので、まずはご相談ください。

乾癬MEDICAL

膝や肘など刺激を受けやすい部分を中心に、全身に赤くがさがさとした発疹が多発する疾患です。血圧の薬や扁桃腺炎のような感染症がきっかけとなっているケースもありますが、その多くは特定の原因はありません。

ただし、糖尿病や高血圧、高コレステロール血症などを併発していることが多く、健診を受けていない方は注意が必要です。ステロイドやビタミンDの塗り薬での治療が基本ですが、皮疹が十分コントロールできないケースではビタミンA誘導体や免疫抑制剤の内服薬、紫外線療法等を行います。

疥癬MEDICAL

ヒゼンダニというダニに感染することで生じる、非常に強いかゆみを特徴とする疾患です。
ご高齢の方で老人福祉施設等に入所されていたり、デイサービス等を利用されている方に発症しやすく、周囲の人へうつしやすいので注意が必要です。

web予約受付

インターネットで予約できます

当医院では、携帯電話・スマートフォン・パソコンのインターネットから診察の予約が可能です。ぜひご利用ください。

症状別:診療案内MEDICAL

科目別:診療案内MEDICAL